高度10キロメートルの告白3表紙

愛し合っているとお互いに分かっていたのに。

本当は一時も離れていたくはないのに、

それでもやっと手に入れた宝物を

手放すことはできなかった。

無情なまでに響く電子音に、

涼は何を想うのか。

一巻【アマゾン仕様でR18対応ですが、個人的にはちょいエロです】

/https://www.amazon.co.jp/dp/B0CSPV5R4L

二巻【新宿不夜城・SМ倶楽部編・エロマシマシです】https://www.amazon.co.jp/%E9%AB%98%E5%BA%A610%E3%82%AD%E3%83%AD%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%AB%E3%81%AE%E5%91%8A%E7%99%BD-2-%E6%B6%BC%E6%82%A0%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA-%E8%B5%A4%E4%BA%95%E3%81%A1%E3%81%B2%E3%82%8D-ebook/dp/B0CW1JWYZ9?ref_=ast_author_dp&dib=eyJ2IjoiMSJ9.SJ1EyuQOFH_zThfD7o9dktP6-7Zym8foNYzkeBl3-hp1Hx836zR8P_bvigdtPk3AjjSXR2pKpaDzg31XBx5iZszQ2bKYRmKMwwR_sTLI0S4nDFtmgPb8mHpKq4kS7-XFNlBVTuwJm8dAko2MZFvkrA.Vz9z-dqx05xB0xADwQ58A6xT5s7pq6UxgMD7Chs4Q9o&dib_tag=AUTHOR

うわぁ、めっちゃ長いリンク……

なぜかそうなっちゃいました。

三巻まもなく発売です。

11がつに発売されたアマルフィの恋物語の続編です。

アマルフィの恋物語↓↓↓こちらもよろしくお願いいたします。

https://www.amazon.co.jp/%E3%82%A2%E3%83%9E%E3%83%AB%E3%83%95%E3%82%A3%E3%81%AE%E6%81%8B%E7%89%A9%E8%AA%9E%EF%BD%9E%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%AF%E3%81%AE%E8%8A%B1%E5%92%B2%E3%81%8F%E4%B8%AD%E5%BA%AD%E3%82%92%E8%B2%B4%E6%96%B9%E3%81%A8%E6%AD%A9%E3%81%8D%E3%81%9F%E3%81%84%EF%BD%9E-%E8%B5%A4%E4%BA%95-%E3%81%A1%E3%81%B2%E3%82%8D/dp/4286244164

この記事を書いた人
赤井ちひろ

5月24日生まれ
出身は箱学のある、神奈川県
弱虫ペダルで小野田坂道が落車した市民会館の前を通って、日々通学。
この頃から、きっと未来の荒北靖友推し【新荒】は決まっていたと思われる。
始めてBLに目覚めたのは、木原敏江先生のアンジェリク、この中に男色の公がいるのです。
木原先生の描かれる漫画では、断トツ、紫乃さんが好き。
未だに、紫乃様ティーシャツ探しています。
そしてツーリングエクスプレスにド嵌りしたのが、14歳。
今も勿論愛読しています。
学生時代は早弁を得意とし、美術室にこもる毎日。
玉川大学演劇専攻卒。
その間にアルバイトをしていたイタリアンが私のカメリエーレ生活の原点。
いまでも、イタリアンを専門に生きるBL作家☆彡
料理やワイン、サービスマンの絡む現代BLが日々のご馳走。
趣味・ロード【観戦】&洋南、箱推し・宝塚観劇【推しは高汐巴さん】・そして空気を吸うように、BLを日々過剰摂取しています。
SМ、拗らせ、純愛、調教、オメガバース大好きです。
ドエス甘々攻め×ツンデレ受けが人生のメインテーマ
読んでいただけたら嬉しいです

赤井ちひろをフォローする
記事
赤井ちひろをフォローする
赤井ちひろのBL生活、溺愛、執着、オメガバlove
タイトルとURLをコピーしました